読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーダーメイドで最適な一品を

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【人気ブログランキング参加中】

マーケティング・経営ブログ 第75位(3/13現在)

         

応援クリックよろしくお願い致します

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

突然ですが、オーダーメイド といえば、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

少し前の時代を考えてみると、オーダーメイドと言えば、スーツや鞄、靴など、せいぜいそれぐらいのものでしたよね。

オーダーメイド

それが今では、こうしたファッションアイテムに限らず、お箸や家具、サプリメント にメガネ、さらには投資商品や抱き枕、マイフィギュアなど、様々な商品・サービスにおいて、オーダーメイドという形態が増えてきているのです。

こうしたオーダーメイド文化の増加を象徴するかのような、オモシロイ企業があります。

その企業とは、株式会社テラネッツ

このテラネッツは何をやっている企業なのかというと、世界最大級のオーダーメイドポータルサイト『オーダーメイドCOM 』を運営し、そして、イラストや音楽、文章、音声などのデジタル データを中心に、様々なオーダーメイド商品・サービスを提供している企業なのです。

具体的には、オリジナルのマスコット キャラクターを作ったり、オリジナルの曲を作ったり、ノベル を作ったりなど挙げればきりが無いほどで、1000円からという非常に低価格で様々なオリジナル商品を作ってもらえるのです。

その中には、“ラブレターの代筆”なんていう、かなり笑えるサービスもあるんだとか。

それにしても驚くべきは、このオーダーメイドサービスを提供するために、テラネッツでは、何と2500名以上の所属クリエータースタンバイ させているというのです。

このクリエーターたちが、常時、顧客のオーダーにスタンバイし、最短1日という短納期で、オーダーメイド商品・サービスを提供しているわけです。

ちょっと驚くべき事実ですが、このことは逆に考えてみれば、2500名以上ものクリエーターが必要なほど、オーダーメイドのニーズ が膨らんできているということですよね。

このように、今の時代は個性を尊重する風潮やエコ ブームの追い風もあって、オーダーメイドへのニーズは確実に増えてきています。

そして、これは単なるブームではなく、時代も“大量生産・大量消費”の時代から、“最適な一品”を長く使っていくという考え方にシフトしてきていることの表れとも言えるでしょう。

マーケティング も、マスマーケティング からOnetoOneマーケティング にシフトしてきましたが、商品やサービスの開発も、今後ますますオーダーメイドへのニーズが高まっていくことでしょう。

ですから、企業としても、これまでの大衆向けに提供してきた商品やサービスを、オーダーメイドとしても提供できる状態へ、体制を整えていくことが必要であると思います。

少し前に話題になった、タカラトミー の『私の人生ゲーム 』や自動車のカスタムメイドなどは、既存の商品をオーダーメイド化してきた好例ですよね。

今回ご紹介したテラネッツのように、オーダーメイドサービスを提供するというだけでもビジネスが成り立ってしまう現代ですから、皆さんの企業でも商品・サービスのオーダーメイド化を考えてみてはいかがでしょうか。

近い将来、皆さんの業界にも、きっとオーダメイドの波が押し寄せてくると思いますよ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

にほんブログ村ランキング参加中】 

経営ブログ 第51位(3/13現在)

広告・マーケティングブログ 第5位(3/13現在)

にほんブログ村 経営ブログへ         

応援クリックよろしくお願い致します

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇